ヘアモデルに聞くヘアケア2・髪のとかし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●髪をとかす時
ヘアモデルさん達が愛用している髪をとかす道具と言えばつげの櫛です。プラスティックの櫛やブラシは静電気を起こし、髪を傷める原因となります。その点、つげの櫛は静電気や摩擦が起きにくく、髪に大変やさしい素材となっています。

美容師さんも「静電気が髪を傷める一番の原因」と言っているように、静電気は美髪の大敵です。つげ櫛の静電気量はプラスティックの櫛の100分の1〜300分の1とごくわずか。髪によいと言われているのも頷けます。

<つげの櫛の効果>
・静電気による枝毛、抜け毛を少なくする
・キレ毛を少なくする
・つげ櫛の頭皮のあたり具合がよいことで、薄毛、抜け毛を防ぐ
・つげ櫛の頭皮のあたり具合がよいことで、頭皮の血行を促進する
・つげ櫛の頭皮のあたり具合がよいことで、リラックスできる
・ツヤのある髪になる
・クセ毛による広がりを防ぐ

<豆知識>
・ブラッシングの思わぬ効果
頭皮にほどよい刺激を与えるブラッシングは髪だけでなく、他にも体にいい影響を与えるようです。

・フェイシャルにも効果的
頭皮と顔の肌は繋がっています。ですから、頭皮の血行が悪いと、顔の肌にも影響が出てきます。頭皮の血行をよくすれば、顔のリフトアップにもつながります。

<頭には経絡がたくさん>
頭にはたくさんの経絡が通っていることをご存知でしょうか?各内臓の反射区も集中しているのが頭です。つげ櫛で頭皮を刺激することで、血流もよくなり反射区を刺激し、五臓六腑の機能維持にもよいということです。また、余分な髪やフケを落とすことで邪気を落とすことにもなるそうです。